審査で重視される項目

キャッシングを受ける時には、審査があります。
消費者金融などの小口の融資では、長い間、消費者に融資をしている実績があります。
その取引実績から判断して、事故率つまり返済されないケースが特定しています。
消費者金融の審査で重視される項目としては、一番重要視されているのが、収入です。
収入が多いと有利になる事は当然ですが、収入の安定性も重視されます。
安定した収入があればある程、有利になります。勤務先が大きな企業であれば有利ですし、
公務員のように景気の波に無関係の職業では特に有利
です。
勤務先でも、勤務年数が長ければ、それは安定した勤務態度であると評価されます。
勤務年月が短いと安定した勤務とは見做されません。
どの程度の勤務年月があればいいのかは、業者によりますが、
勤務年月が3年を超えれば、どの業者でも信用されると思います
最後に他社借入れの有無です。総借入額と年間収入との関係が規定されている事もありますが、
無理のない返済をしていくためには、全体の返済金額も考慮されています。
又借入れ先が多いと計画性がないと見做されます。
他社借入れが3社を超えると一般的には難しくなります。

定着した収入があるのか

キャッシングの審査では、定着した収入があるのかどうかが基準となります。
無職の場合や日雇いで働いている場合などには、定着しているとは言えないでしょう。
そのために、審査には通らない場合が多いのです。正社員であれば審査には通りやすいと言う傾向はありますが、正社員でないと利用できないと言うわけではありません
例えば、フリーターとして働いている場合でも収入はありますから、
キャッシングを利用できる場合は多いでしょう。
収入があれば基本的にそのキャッシングの目的やキャッシングを使うタイミングについては
大きく問われることはありません。

住所や勤務先が一定の期間いるものか

キャッシングの審査において重要なのは、安定性です。
これは何も、収入が安定しているというだけではありません。
そのほかも安定をしていないといけません。
例えば、住所も一定の期間その場所にいたほうが、
明らかに審査ではメリットが多いです。
さらに、勤務先においても、ある程度一定の期間同じ職場にいたほうがいいのです。
同じ職場にいれば、それだけ収入も高くなるチャンスがありますので、
高収入という新たな審査に有利なポイントも手に入れられます。

他社からの借り入れがどれだけあるのか

キャッシングの審査では、他社からの借り入れがどれだけあるのかが問われることもあります
総量規制という規制が法律によって定められていることから、
これが問われるのです。他社からの借り入れを含めて、
合計で年収の3分の1までしか借りることができないというように定められているのが総量規制です。
申し込み時に申請しなければならない場合が多いですから、
必要のあるときには、偽らずに正しく申請をするのが良いでしょう。

複数社への一括申し込みには注意

キャッシングの情報サイトなどで、複数社へ一括して申し込みを行える
システムなどを見かけることがありますが、そのようなサービスには注意が必要です。

特に初めてキャッシングを利用するという方の場合、審査に通過できるかどうか不安ですし、
必要事項を入力する手間も省けることから、一括申し込みは便利なようにも思えますが、
一括申し込みを行ってしまうと、単独で1社ごとに申し込みを行えば審査に通るという方でも、
審査がNGになってしまう場合があるのです。
これはいわゆる「申し込みブラック」と呼ばれるもので、
業者から見た場合に、よほどお金に困っている人と判断されてしまうからです。

もしも、審査に通るかどうか不安という場合には、
それぞれの業者のサイト上にある、簡易審査のシステム(個人情報を入力しないもの)
を利用して、ご自分の条件を入力し簡易審査をしてみることをおすすめします。

この場合の審査は、実際の審査よりも極めて簡易的なものですが、
年収に対しての、おおよその借り入れ希望額などを知ることができるため便利です。